イメージ画像

日頃からのくすみ予防対策とは

加齢と共に気になるしみ、くすみ等は、 まさにアンチエイジングには最大の敵と言えるでしょう。 実年齢以上に見られたり、顔色が悪く見えたり、 表情が暗い、やつれている感じ等、相手が感じる印象もどうしてもマイナスになりがちです。

日頃からしみやくすみの予防は行っていますか? 日常生活で行う予防法をお話していきたいと思います。

加齢が進むにつれ、増えてしまうくすみ…もう諦めるしかないかなんてお考えではないでしょうか。 でも、普段からしっかり予防策を実行している人、そうでない人とでは、やはりそこで肌質にも大きな差が出てくる事になり 透明感すら違って見えるのです。

くすみを予防する為に日頃の生活でポイントとなる対策についてお話します。

そもそも、くすみやシミ等の原因となるのは、 血液の循環が悪くなり、代謝が落ちてしまったり、リンパがスムーズに排出されなくなり 老廃物や余分な水分を体内に溜め込んでしまったり、 さらには、普段の食事内容のバランスが悪くなってしまい、腸内環境が悪くなってしまう事などによるものです。

では、対策として一体何をすれば良いのでしょうか? まずは質の良い睡眠をとりましょう。 睡眠時間をきちんと確保する事も大切です。

特に、自身の免疫力を上げて、肌のターンオーバーを上手く繰り返すようにする為には 午後10時~11時頃までに就寝する事を心がけて下さい。 免疫力が上がり、細胞本来の働きを正常にする事で シミくすみはもちろん、肌トラブルの改善に繋がっていきます。

また、就寝3時間前の食事は、出来るだけ避けるようにしましょう。 睡眠の質を上げる為にも、これは必須です。 夜に食べるご飯の量を減らし、よく噛み消化を促しましょう。

血液の循環が上手く出来ず、血行不良になる場合は 運動や入浴がおすすめです。 入浴が難しい場合は、塩を少し入れた足湯をする事でも、全身の血液循環が良くなります。 一度試してみて下さい。 ウォーキング等の有酸素運動も、代謝アップ、全身の血液循環の向上にも繋がります。

もちろん、食事内容を見直して、バランスのとれた食事を摂る事を心がける事も必要です。 くすみやすい場合は、腸内環境が不十分なケースが考えられる事もあるので 繊維質豊富な緑黄色野菜や、海藻類、ビタミンE豊富なナッツ類等を食べるようにしてみて下さい。

どうしてもバランスよく食事する事が難しいのであれば、 サプリメント等で、不足しがちなミネラルやカルシウム等も、効率よく摂っていきましょう。

そして、シミくすみ予防には紫外線対策もポイントです。 日焼けが原因で色素沈着が起こり、肌のターンオーバーがスムーズに行われなくなり それが結局シミくすみの要因にも繋がるのです。

1年通して、夏の時期だけ対策をしてれば大丈夫なんて思っているのは間違いです、 年中紫外線対策は、ちゃんとしておくようにするだけでも 結果に随分違いが出てきます。

シミやくすみの予防は、健康的に日常生活を送る事で自然と出来ると思います。 まずは生活習慣の見直しから始めてみて下さい。 精神的なストレスを抱え込まないようにしたり 食事内容をバランスの良いものに変える事で 数か月も経てば、徐々に肌トラブルも改善され、肌本来の働きを取り戻し、透明感も出てくる事でしょう。

このページの先頭へ