イメージ画像

目からの紫外線がシミを作る?

日差しの強い夏場、紫外線対策とは縁遠いイメージの冬、 「シミ」の原因となる紫外線は一年を通して私たちの素肌へ降り注いでいます。 美白の天敵である紫外線対策はスキンケアに欠かすことができません。

皮膚はもちろん私たちの「目」も日々紫外線のダメージを受けています。 紫外線対策としてUV加工のサングラスを愛用される方もいらっしゃいますね。 「紫外線」、「UV」と聞けば、やはり気になるのは「シミ」です。

目から入った紫外線が「シミ」を引き起こす原因となる…といった情報も、 メディアなどを通して時々耳に入ってきたりもします。この噂は果たして本当なのでしょうか?

目元の「シミ」は顔全体の印象を大きく左右します。 透明感のある目元をキープするためには、悩みの無い目元をケアする事が重要ですね。

まず、「目も日焼けをする」という事は、どうやら本当の情報です。 紫外線のダメージを受けた目は炎症を起こし、異物感を感じたり、充血、涙目、 また痛みを覚えるケースもあるとの事。紫外線が白内障の原因とも言われていますので、 「目を紫外線から守るべき」という情報は間違ってはいません。

とはいえ、「シミ」の原因となっているのかと言えばそれは間違った情報です。 他の箇所と比べデリケートな目元は紫外線からのダメージを受けやすく 「シミ」ができやすいのです。そんな目元に増えた「シミ」を見て、 「目から入った紫外線で日焼けした!」という印象になってしまっているようです。

「シミ」を予防するという視点から目・目元の対策を考えるのであれば、 サングラスよりも日焼け止めクリームの方が効果的と言えるでしょう。

先ほど書きました通り、目元は他の箇所と比較して非常にデリケートです。 紫外線クリームは他の箇所よりも念入りに塗る様にしてみて下さい。 また、「目を紫外線から守る」という事も決して悪い事ではありません。 「シミ」予防では無く、「目の健康」のためには是非するべきとも言えるでしょう。

このページの先頭へ