イメージ画像

マッサージでシミが増えるって本当?

毎日のスキンケアに「美顔マッサージ」を取り入れている女性も少なくないのではないでしょうか。 お顔の血行を促進する事で素肌はより健康な状態へと促され、ターンオーバーが正常になり 「シミ」をはじめとする様々な肌トラブルを解決する効果が期待されています。

ところが、「美顔マッサージによってシミが増える!!?」という噂がささやかれているそうです。 たしかに、行き過ぎた美顔マッサージやパッティングはシワなどを引き起こす 原因にもなると言われていますが「シミ」まで出来てしまう危険まで…。

一体なぜ、マッサージで「シミ」がつくられてしまうのでしょうか?

原因として考えられるものは二つあります。まず一つ目の原因として、 「シミ」を作る間違ったマッサージとは、多くの場合が「力の入りすぎたマッサージ」だという点です。 強過ぎるマッサージは素肌に摩擦を与え、その摩擦によって素肌の炎症が起こります。

そしてその炎症は、メラニン色素の分泌を促す「活性酸素」を生み出しているのです。 このメラニン色素が「シミ」のもととなっているわけですね。

また、二つ目の原因は、 そもそも「マッサージ」に原因があるのではなく、「基礎化粧品」に原因があったという点です。 意外に思われるでしょうが、世の中で販売されている「美白基礎化粧品」のなかには、 あまりシミ消しに効果がないばかりか「逆にシミを濃くしてしまう商品」が存在しています。

運悪くこのような基礎化粧品を使用しながらマッサージを行っていたのであれば、 一見「マッサージでシミが増えちゃった!!」と解釈してしまう事もあるのかもしれません。 「シミ」対策・予防をするのであれば、より効果的な基礎化粧品を選ぶ事が大変重要なのです。

とはいえ、一概に「マッサージ」が悪だ!とは言い切れません。 効果の高い基礎化粧品を使い、正しい強さ・方法でマッサージを行えば より美しく若々しい・透明感溢れる素肌を手に入れる事も出来るはずです。

このページの先頭へ