イメージ画像

紫外線に負けない肌づくり

日焼け止めを顔と体に塗り、外出の際には紫外線をできるだけ浴びないようにする…というのは多くの人がすでに実践していることだと思います。

季節関係なく1年中紫外線対策を行うことが美白ケアの第一歩であり、それだけ紫外線というものは美白の大敵だということです。 紫外線を防ぐことはもちろん、受けてしまった紫外線によるダメージをケアすることも同じくらい大切です。

紫外線というと夏のイメージがあるかもしれませんが、私たちは曇りの日でも紫外線を浴びているのです。 気を抜いていると紫外線によってシミが増えてしまう恐れがあります。

それに日焼け止めは塗った後1日中効果があるとは限りません。 なぜかというと私たちは気づかないだけで常に汗をかいていますし、皮脂によって肌から落ちていきます。

日焼け止め止めの効果は意外と持続しませんし、丁寧に塗ったつもりでも塗りムラができてしまうので、紫外線を完璧に防ぐことはできません。 というわけで美白を目指すのであれば日焼け止めと美白ケアの2つを行い、シミの進行をストップさせましょう。

どのような化粧品を選べばいいのかというと、美白化粧品の中でも化粧下地クリームに日焼け止め成分が含まれているので、まずはSPF、PAの値に注目してみましょう。

さらに、使い心地や仕上がりの色、馴染みやすさや化粧崩れをしないか等、化粧下地としての機能性を重視するようにします。 日焼け止めを補う必要があるので、できるだけ妥協せずに選びたいところです。

保湿効果が高いものも美白ケアには最適で、十分に保湿されている肌は美白成分の吸収が良くなります。 日焼け止めだけでなんとなく紫外線を防げているような気でいた方は、これを気に本物の美白ケアを始めてみてはいかがでしょうか。

面倒に感じるかもしれませんが、いつもの日焼け止めと条件に合った化粧下地の美白ケアを併用するだけで、全然違ってきますよ。

美しい肌を目指すのであれば、紫外線ケア、シミ対策、美白ケア、保湿を心がけて、毎日しっかりケアするようにしてください。

このページの先頭へ