イメージ画像

肝斑ができてしまった時の対処法

シミは紫外線などでメラニンが生成されてできます。 肝斑はシミとは異なり、妊娠、経口避妊薬などが原因によるホルモンバランスの乱れによってできるのではないかと言われています。

ストレスによってホルモンバランスが乱れて、シミの原因であるメラサイトが生成されることによってできるともされています。

肝斑を予防するためには休息を大切にするだけでなく、ストレスを溜めないように解消させましょう。 ホルモンバランスの乱れを察知するためにも基礎体温をつけてみるのもいいでしょう。

肝斑を対策する時にしてはいけないことがあります。 1つ目に、紫外線対策を怠ると肝斑を引き起こしてしまったり悪化する場合があるので注意しましょう。 常に紫外線対策を行う必要があります。

肌に刺激を与えることも避けたほうが賢明です。 メイクの時に摩擦を与えてしまったり、刺激を与えるような成分を含んでいる化粧品を使うのはやめましょう。

また、レーザー治療も刺激が伴うので悪化する原因となります。 生活する中でこれらのことを気をつける他に、改善に効果的な成分を使用するといいでしょう。 トラネキサム酸という成分が肝斑に効果があります。

この成分は主に止血や抗炎症剤などの医薬品として使われてきました。 近年は美白効果が認められ、シミを引き起こす原因であるメラニンの生成を抑えて、色素沈着を防ぐという優れた働きを持っています。

しかも、肝斑のような広がるシミに効果的とされており、即効性は期待できませんが、濃くなってしまうのを防止してくれるのです。 医薬品としても活躍していたように、抗炎症効果があるので、肌荒れにも効果があって安全性が高い成分です。

トラネキサム酸にはいくつか種類があるのですが、その中でもm-トラネキサム酸がメラニンの生成を抑える効果が期待できます。 肝斑とシミの両方を改善・対策ができる注目の成分なので、化粧品を選ぶ際には特に意識してみるといいでしょう。 一石二鳥のトラネキサム酸ならあなたの肌の悩みを解決してくれるかもしれません。

このページの先頭へ